1日5000個の癌細胞が発生するようになった人間の状態とは

1日に発現する癌細胞は、約5000個

日本人の最も多い死亡原因をご存知ですか?

癌です。

更にこの癌細胞が、あなたの体内でも常に大量に生まれていることをご存知ですか?

人の身体は、約3兆個の細胞で出来ており、日に約8000億個の細胞が入れ替わると言われています。

この際、古い細胞の持つ情報はDNAによって受け継がれます。

そのDNAをもとに膨大な数の複製が行われるため、ときにはエラーも発生します。

このエラーによって生まれる細胞が癌細胞なのです。

1日に発現する癌細胞は、約5000個と言われています。

全身の細胞に比べれば少ないですが、 これらは分裂増殖を繰り返し、周りの細胞に悪影響を与えます。

若い頃は免疫細胞による処理能力が高いため、癌を発症する可能性は比較的低いです。

しかし、 年齢を重ねてくると免疫力が低下するため、癌細胞への抵抗力は落ちてきます。

こうして癌細胞の増殖を抑えられなくなると危険なのです。


・参照
What Is Cancer? – NCI

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.