雑学

壮絶!コカインで麻酔を作るために体を張ったドイツの開発チーム

ヨーロッパ

赤ん坊を一切話しかけず無表情で育てたらどうなる?皇帝が実験した結果

雑学

寝るだけのアルバイトに応募した学生は幻覚をみる破目に!?

雑学

増税の度にボロ儲けしている「金の密輸」業者とは!

雑学

青い目の生徒はダメな子です。差別をする先生に影響された生徒

カンボジアで虐殺を繰り返した独裁者!遺体はタイヤと共に燃やされた!

泣く子も黙るポル・ポトとはどんな人物だったのか? カンボジアは過去に4年間で200~300万人もの国民が虐殺された歴史を持ちます。 1974年より、この虐殺を主導したのがポル・ポト派です。 ポル・ポトは、親米派との内戦に勝利した共産主義の独裁者でした。 彼はフランス留学中、スターリンの過激な共産主義思想に強く影響を受けました。 彼は政権を掌握すると、カンボジアから資本主義を狂気的なまでに排除し始めました。 教育、学問、娯楽、仏教を含む宗教までもが対象となりました。 特に知識人は資本主義の手先と見なされ虐殺され、それ以外の人々は強制的に農民にさせられ、歯向かう者も処刑されました。 帰国子女や高学歴の人々も知識人として虐殺されました。 政府には反発する声もありましたが、彼は自分が反逆者と見なした者は全て処罰の対象としました。 多くの政治家、役人、軍人が収容所で虐殺されました。 本人のみならず、その家族も処罰されたというから驚きです。 1978年、政権を奪われたポル・ポトはジャングルへ逃れて戦闘を続け、1997年に拘束されました。 反乱から約20年も経っていました。 終身刑を言いわたされた翌年、彼は心臓発作でこの世を去りましたが、遺体はタイヤなどの廃棄物と一緒に燃やされたそうです。 ・参照Pol Pot – Biography, Facts, Regime & Death – HISTORY